コーギーとキルト&日々の小さな出来事
by cookie
行かず東京
この言葉が、一般的に使われてたかどうか、定かではないけど。

関東に住んだこともないくせに、TVをまねて標準語を使う人のことを、揶揄してこう呼んでたらしい。
学生の頃、よく耳にした。
何十年も前だけど。
今となっては、子供に土佐弁を使わせず、標準語を話す家庭も多いそう。


今回、広島から友人Hさんが高知にいらっしゃって、K代と二人でお迎えした。

HさんとK代は2カ月に1度、東京にキルトを学びにいってる同じ教室仲間。
ワタシとHさんは、K代とブログとを通じて知り合い、広島で何回かデートした仲。
K代とワタシは中学の同級生。
3人が顔を揃えるのは、今回初めて。

で。
案じていたのが、言葉。
3人が一堂に会したとき、いったいどこの言葉で話すのか?

標準語だったら、意味は3人通じるけど、同級生同士(同郷同士)で標準語で話すのって、こっぱずかしい!
チキンなワタシはちょっとばかし不安だったんだけど。

K代、アンタはすごい!
Hさんの前での威風堂々の土佐弁っぷり!
しかも。
そんじょそこらの土佐人には理解できないような、高度な土佐弁まで飛び出す始末。

「アタシ、ここがくちみっちょってよ。」・・・・・・!?

くちみ・・・?(内出血してて・・、という意味、らしい・・。K代、ワタシも初めて聞いたヨ。)
Hさんも、さすがにポカ~ン・・・。もはや、日本語ではない・・・。?
結局、土佐弁、広島弁、標準語(?)各種入り乱れての、おもしろトークが炸裂したのでした。
(Hさんにどこまで意味が通じたか、は不明!)

おもしろトーク、今度はお江戸でどうかなぁ?
もう一人、千葉のあの方も交えて・・・・・。







トークを炸裂させたのは、三日月堂。
d0169411_22265418.jpg



d0169411_22274867.jpg

四角豆や、四方竹を使ったこのサラダが特においしかったのでした。
[PR]
by kouchinet | 2012-11-01 22:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://corgi0606.exblog.jp/tb/17095139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ajisai-junko-mama at 2012-11-02 01:42
我が家のとーさん、生まれは青森むつ市なんですけど…
とーさんは、青森弁で話すと、まるでFrance語みたいに聞こえます(-.-)

土佐弁、きっと私もチンプンカンプンだろうな~^^
村に住んだ時、スーパーのレジで村人(女性)に言われました。
「標準語で話せば、良いってもんじゃ~ねぇ!」って(@@)
気取って聞こえるんでしょうかね。

方言?の方が、暖かくて良いですよね。
で、なるべく真似して語尾に「ん」を付けるようにしているけど、なんか変~(汗;

Commented by kouchinet at 2012-11-02 21:21
junkoママさん、こんばんは。

あれま!
そんなにキツク言われちゃった?

都会で住んでた方が、標準語をしゃべるのは、あたりまえだもん。
田舎の人間同士で、話すときに、わざわざ、っていうのとはワケが違います~。

ただね、意味が通じればイイ、とワタシは思うのであります。
土佐弁、通じないです~。きっと。
<< 銀杏 早寝遅起き >>


*キルト教室のブログは
  こちらです。
      ↓
Quilt corgicottage




*キルターズスタジオ
  関係のブログ
Q.studio
quilts.1989
ブルートと歩くおおさかの街角
のんびり日記
外部リンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧