コーギーとキルト&日々の小さな出来事
by cookie
ジャンル
最近読んだ本からの受け売りだけど、「なるほど!」と、合点した一節をご紹介。

ジャンル。という言葉は、フランス語の「genre」からきているんだって。
日本語より、層の厚い意味を持ち、人間のタイプや、品格をあらわす言葉としても使われている。
「あの子はジャンルがいい。」っていうのは、上品、って言う意味だそう。

この本で紹介されているマドレーヌさんは、79才になるフランスのマダム。

彼女によると、
「似合わない服は、着てはいけない服。」

「人にはそれぞれジャンルがあるのよ。
瞳や髪の色だけでなく体型、身体の造り、内面から立ち上るものも人それぞれ。
おしゃれでいちばん大切なのは自分のジャンルを知って、それに似合うものを身に着けること。
似合う服が、自分をきれいに見せる服なのよ。」

彼女は、こうも言っている。

「いろいろ試して失敗を重ねるうちにいつか自分のジャンルがわかってくる。
おしゃれは、自分がどんな人間かを探す道でもあるのよ。」


ふかい~、ふかい~♪!!!

なるほどねぇ!!

そういえば、高名な芸術家でも、私服を見て、なんだかがっかりしちゃうことって、あるなぁ。
客観的に自分を見つめる、って、けっこう難しいことかも。


ワタシもそろそろ自分のジャンルを見極めたいなぁ。
いいお年頃、だからね。


へへ。春のコートが欲しいのよ。



d0169411_6461060.jpg

フランス人のおしゃれ哲学、見習いたいなぁ。



*注:文章を引用したのは、マガジンハウスから出てる、「パリのすみっこ」っていう本です。
[PR]
by kouchinet | 2011-04-29 21:20 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://corgi0606.exblog.jp/tb/13481362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cotti610 at 2011-04-30 11:26
ふふふ
万年、ジャージとトレーナー姿でございます
オシャレなどというものとは縁遠い生活を送っております・・・
都会へ行くとき恥ずかしいのであります
Commented by kouchinet at 2011-04-30 18:10
cottiさん、こんばんは。

若者はそれで、いいのさぁ!
あ、都会行きは、ちょっと困るかもね。

おうちでは、基本、ジャージ(ジムの格好と同じさぁ)よ、もちろん。
何着ても、毛だらけ、だもんねぇ。
Commented by monmaki at 2011-04-30 22:13
ふぅ・・・・
反省したですよ。
最近、おされとは無縁。お化粧もぉ・・・
もうちと頑張らねばぁ~

スプリングコート、ゲットしたですか~~?
Commented by kouchinet at 2011-04-30 22:36
もんママさん、こんばんは。

今日は移動でへろへろ・・。
最近の睡眠不足がこたえちゃって・・。

もんママさん、お江戸だもん。
おされ、しほうだいさぁ?

ワタシ達、コギ母族は、「毛だらけにご用心」だけどね!!!
<< 移動日 週末は広島なのでした。 >>


*キルト教室のブログは
  こちらです。
      ↓
Quilt corgicottage




*キルターズスタジオ
  関係のブログ
Q.studio
quilts.1989
ブルートと歩くおおさかの街角
のんびり日記
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧